青汁を飲むなら食前?食後?飲むタイミングについて

青汁を飲むなら食前?食後?飲むタイミングについて

青汁は薬ではないため、具体的に「いつ飲むのが良いか」というのは決まっていません。

一番良いのは、目的によって飲むタイミングを合わせること。ただどんな目的で飲むとしても、青汁を飲むなら食前、特に朝がおすすめです。

健康やダイエットなら「食前」がおすすめな理由

ふくろう「食事を食べるときは野菜から食べると痩せる」という話を聞いたことがありませんか?

青汁は野菜(食物繊維)の塊。一番最初に野菜を食べることで、血糖値の抑制や満腹感などを得られてダイエットになると言われています。

食べる順番は

①野菜やきのこなどの食物繊維
②肉や魚、大豆製品などたんぱく質
③ご飯やパン、麺など炭水化物

この順番で食べることによって、以下の効果が期待できます。

食前に野菜を摂ることで期待できる効果

 1.血糖値上昇の抑制

食事をして血糖値が急減に上がると、血糖が脂肪に変わり太ってしまいます。

しかし、青汁=野菜を食事の最初に摂ることでこの血糖値の上昇を抑えられることが分かっています。

実際に10人の健康な成人の男女が、野菜を最初に食べるとごはんを先に食べたときよりも食後20~45分の血糖値は有意に低下して、最高血糖値に到達する時間も1時間も遅くなったという研究結果が出ています。

また、急減に血糖値があがってしまうと下がるのも急減になり、すぐに空腹を感じてしまいます。このように血糖値の上昇を抑えることが肥満防止や糖尿病予防に役立つのです。

 2.満腹感を得られる

青汁の中には腹持ちが良く置き換えダイエットに適したものもあります。たんぱく質や炭水化物で満腹感を得るより食物繊維で満腹感を得た方が、低カロリーで胃腸にも負担をかけません。

食前の中でも朝飲むのがおすすめ

少し前までは「朝はしっかりたっぷり食べるべき」といわれていましたが、最近では朝あまり食べ過ぎてしまうと胃腸の消化にパワーを使ってしまい、朝からダルくなってしまう人もいることが分かってきています。

実際、朝しっかりした食事を摂ってしまうと、睡眠中に休んでいた胃がいきなりフル稼働させられてしまい胃腸は朝から疲れてしまいます。

朝少なくても大丈夫という方や朝は食欲がないという方は「朝ごはんに青汁を一杯」がおすすめです。

寝る前に飲むのは要注意

青汁は食物繊維の塊のため、ときにお腹がゆるくなってしまうことがあります。夜寝る前に飲むとお腹がグルグル鳴って眠れなくなったり、トイレが近くなってしまうことがあるため注意が必要です。

また、出かける直前に飲むのもおすすめしません。

一番大切なのは毎日続けること

食前に飲むことをおすすめしましたが、一番大切なのは飲み続けることです。青汁は1回飲んでも大きな効果は期待できません。もちろん便秘やダイエットなども1回飲んだだけで効果が見られることはありません。

毎日続けること。これが一番大切です。

安い青汁お試し価格やサンプルのある青汁

おいしい青汁ランキング国産・無添加・無農薬青汁

安い青汁酵素入りの青汁

大麦若葉の青汁ランキング明日葉の青汁ランキング

ケールの青汁ランキングゼリー(ジェル)タイプ青汁

子どもが飲みやすい青汁妊婦が安心して飲める青汁

国産・無農薬・無添加の青汁国産・無農薬・無添加の青汁

管理人おすすめの青汁

1位 ふるさと青汁

栄養バツグン!
ポリフェノールたっぷりのロングセラー商品おすすめ

2位 森永 おいしい青汁

おいしさNo.1! おなかの調子を整えるなど3つの効果が発揮される機能性食品。

ファンケル本絞り青汁

3位 ファンケル本絞り青汁

お試し780円。女性イチオシ「野菜の王様」ケール100%の青汁